やごちゃん

大好きなやごについてマイペースでUP

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

タカネ?  

2013.8.4

ウェーダー初着用の日、夕方に近所を散歩しました。
しばらく歩き回って、帰宅したところ
壁にトンボがとまっていました。
キラキラして、今までに見たことのないトンボです。



AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED D7000

105mmマクロを首にぶら下げて散歩していたので
運よく撮影することができました。
できるだけ近くで撮りたかったので、じわじわと接近。


DSC_2627.jpg
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED D7000

ダメもとで、最後は思い切って捕まえてみました。
撮影中から「飛ばれる!」とビビっていたのに
あっさり捕獲に成功してびっくりです。
羽化してから、それほど時間が経っていないのでしょうか。

胸部のキラキラに感動しました。
左手でトンボを持ち、右手にカメラで何とか撮影。
本当は三脚使ってしっかり撮影したかったなぁ…。

エゾトンボ科なのは間違いありません。
・カラカネトンボ
・タカネトンボ
・モリトンボ
の3種で見分けができません。

腹部の太さから、カラカネではなく
腹部の模様から、モリトンボでもなく
タカネトンボだと思います。
自信ありません(笑)


今回使用したレンズはコチラ↓
Nikon AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8 G (IF)
スポンサーサイト

category: エゾトンボ科

tb: 0   cm: 2

羽化はいつかな?  

2013.1.15

オオトラフのやごが、あまりエサを食べません。
春はまだ先のことですからね〜。
万が一に備え、割りばしを設置いたしました。


AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED D7000 SB-700

割りばしにしがみついている姿もかわいいです。
エサを与える時は、無い方がいいんですけどね。
自然界のことを考えると、この方が落ち着くはず。


1152_20130115190515.jpg
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED D7000 SB-700

羽化はまだだと分かっていても
水面から顔を出しているところを見るとドキドキします(笑)
どんな見え方してるんだろう。


今回使用したレンズはコチラ↓
Nikon AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8 G (IF)

実は、今日ご紹介した写真を撮影するときに、ストロボを使用しました。
初の試みです。
明るさがほしいので、昼に撮影することが多いのですが
夜も撮影したいという気持ちから、ストロボの導入に踏み切りました。
これからはライティングの勉強もしていきたいと思います。
目指せ!やごのフォトブック(笑)


今回使用したストロボはコチラ↓
Nikon スピードライト SB-700

category: エゾトンボ科

tb: 0   cm: 0

こんな模様あったっけ?  

2013.1.11

2013年こそ一生懸命ブログの更新をするぞ、と思って年を越したはずが
だらだらと遊びすぎました(笑)

我が家のオオトラフやごがすくすく育っています。
2012年はワイルド個体の羽化に成功しました。
その時は褐色の体でしたので、それほど気にならなかったのですが
久しぶりに撮影してみたところ、模様があることに気づきました。



AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED D7000

これが虎斑模様の”もと”ですかね。
昨年の写真データを見直してみたのですが、これほどくっきりしていませんでした。
それとも、ノコギリのような背棘に見とれて気づかなかっただけなのか…。
ありえますね(笑)

category: エゾトンボ科

tb: 0   cm: 0

もう少しのところで  

2012.5.19

とても忙しい1週間でした。
そんな中、悲しいできごとがありました。
2匹目のオオトラフトンボのやごが、羽化直前に死んでしまったのです。

羽化した1匹目と同じ環境で飼育していたのですが
水の中で動かなくなっていました。
もうすぐ羽化、というところだったのでとても残念です…。



AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED D7000

このやごは標本にしました。

やご部の活動で同じやごを捕まえた、アルファさんのやごも同様の症状で死んでしまったそうです。
原因は何だろう。気になります。

category: エゾトンボ科

tb: 0   cm: 0

トラフ模様  

2012.5.12

朝の脱走事件?!から一夜明け、
オオトラフトンボをゆっくり観察できるようになりました。
トラフ模様がくっきりはっきり見えます。
翅が少し黄色がかっていて綺麗です。

家中を飛び回ると困るので、
羽化用ネットを横に倒しての観察です。
飛び始めたら、縦にして脱走を未然に防ぎます(笑)


5131.jpg
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED D7000

直方体の形をした羽化用ネットの
底面に当たる部分にとまっているところを撮りました。
本当は横からとか、正面からも撮りたいんですが
今の環境ではこれが限界です。
成虫の撮影ができる、何らかのセットがほしいです。
不織布の衣装保護ケースみたいなものがよさそう。


5132.jpg
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED D7000

この日は風が強く、寒い日だったのですごく悩みました。
暖かい家の中で、飲まず喰わずで餓死するよりも
自然に返してあげるのがよいと判断しました。

お別れの一枚です。

category: エゾトンボ科

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

Nikon D7000

Nikon D5100

SDカード

AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

グラステリア300

やごを観察した人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。