やごちゃん

大好きなやごについてマイペースでUP

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

105mmマクロ  

2013.8.4

この日もヤンマ狙いで大きめの池に出かけました。
ところが、ヤンマはいるものの
広大な池の中央をブンブン飛んでいるので近づけず…。
仕方ないので近くにいるイトトンボを。



AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED D7000

イトトンボも、どれも同じように見えてしまいますが
これはクロイトトンボだと思います。
胸部が粉ふいているということは、成熟♂でしょうか。


DSC_1355.jpg
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED D7000

DSC_1354.jpg
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED D7000

いつもなら300mm f/4で撮影するところですが
この日は105mm f/2.8で。
それには訳がありまして…。

実は、7月末に、あるお方とお話をする機会がありました。
”北海道ハイテクトンボブログ”の広瀬さんです。
初対面なのに、たくさん質問に答えてくださいました。
というか、たくさん質問してしまいました…(笑)

今までの人生の中で一番”トンボ”について話した一日になりました。
とっても勉強になりました。
特に勉強になったのが撮影方法です。

広瀬さんが撮影する時に必ず用意しているものは「ウェーダー」だそうです。
釣りをする人がよく着用している、長靴がついた防水ズボンです。
それが無いと、トンボの近くで撮影ができません。
かっこいい写真を撮っている方が、ウェーダーを使っていることは薄々知ってはいましたが
池でカメラを持ったまま転んでしまうとか
一人池のど真ん中でハマってしまい、何時間も格闘して脱出したとか
怖いイメージがたくさんあって、導入しようとは思いませんでした。

でも、広瀬さんのお話を聞いたり、いろいろなトンボの写真を見ていると
そういうイメージはどんどん無くなっていきました。
興味>恐怖になったんですね(笑)

というわけで、釣り具屋でウェーダーを購入いたしました!!
今回の写真は、池に入って撮影したものです。
広瀬さんのおっしゃる通り、撮れる写真が変わりますね〜。
これは楽しいです。

広瀬さんのブログはこちら


今回使用したレンズはコチラ↓
Nikon AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8 G (IF)

category: イトトンボ科

tb: 0   cm: 2

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

Nikon D7000

Nikon D5100

SDカード

AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

グラステリア300

やごを観察した人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。