やごちゃん

大好きなやごについてマイペースでUP

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

○○アカネ?!  

2012.6.24



AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED D7000

先日のガサ入れで捕まえた別のやごです。
オオトラフでもなく、シオカラでもない。

やご部で一緒にガサ入れしたベータさんのやごは
ヨツボシトンボだったので、その可能性もありそうでしたが
調べてみるとヨツボシでもなさそうです。

うーん、何のやごだろう…。
アカネ系かなぁ。
(分からない時は何でもアカネ系と思ってしまいます。)
羽化が楽しみです。

category: トンボ科

tb: 0   cm: 0

焦りました  

使いたいと思っていた去年のデータがいくら探しても見つからない。
写真の整理中に間違って消してしまったのかもしれないので
バックアップ用の外付けHDDも調べましたが、見つからず。

「ひょっとしてまだSDカードの中かなぁ?」
見事、予想が的中(笑)


AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED D7000

2011年、7月下旬。
ドライブに出かけた先でトンボ発見!!
逃げられないように遠くからまず1枚。

DSC_2.jpg
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED D7000

じわじわ近づいてみたところ、動く気配なし。
いつも通り、シャッターを切りながらどんどん距離を詰めてみる。

DSC_3.jpg
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED D7000

トンボの目線と同じ高さになっても大丈夫。
この日は、北海道とは思えないほどの暑さだったので
トンボも一休みしていたのかもしれません。

DSC_4.jpg
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED D7000

「何か用?」

category: トンボ科

tb: 0   cm: 0

難しい…  

7月6日

この日は珍しく休みをとってトンボを撮りに出かけました。
北海道もだいぶ夏らしくなってきたので、外での長時間の活動が厳しくなってきました…。


AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II D7000

気温が高かったからでしょうか、池の水面すれすれをトンボが飛び交っていました。
最初に出会ったのは、シオカラトンボ。
近づくとすぐ飛んで行ってしまいますが、この木がお気に入りのようで何度も戻ってきてくれました。
他にも、イトトンボがたくさんいましたが、みんな活発すぎて全く撮影できず(笑)
やはり動いているものを撮影するのは難しいですね~。

みんな飛んでばっかりで、ちっとも落ち着いて撮影ができないので
開き直って飛んでいるトンボを狙うことにしました。

DSC_4144.jpg
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II D7000

動きが速すぎてAFが間に合いませーん(笑)
ホバリングしてくれないので、フレームに入れるのがやっとです…。
シルエットクイズにはいいかも?!
さて、何トンボでしょうか?

AFがダメなら置きピンに挑戦です。
三脚をセットして、高速連射モードに設定。リモートコードを接続。
あとはトンボが飛んでくるのを待つだけです。

シャッターを切り、画像を確認。
相変わらずシルエットクイズ。
ピント位置を微調整してシャッターを切る。
また確認して微調整。その繰り返し。
やっと撮れた一枚がこれです。

DSC_4138.jpg
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II D7000

見事なピンぼけ~(笑)
まぁ、まだまだ初心者なのでこんなものでしょう。
これからの修行でどのくらい腕が上がるか、楽しみであります。
熱中症に注意しながら、たくさん撮影するぞーっ。

シルエットクイズの答えですが、シオカラトンボだと思います。
あー、トンボの勉強もしなきゃ~。

category: トンボ科

tb: 0   cm: 4

今度こそ  

6月25日

午後からトンボを撮りに出かけました。
しかし、この日は強風。
時間的にもトンボタイムが終了してそうな気配。
それでも行っちゃうんですよね~(笑)

やはり先週と違い、明らかにトンボが少なかったです。
きっと茂みの中で休んでいたのでしょう。
それでも出てきてくれたのがシオヤトンボ。
前回の反省を踏まえ、この日はマクロレンズではなく、望遠レンズを装着していきました。
もっと寄った画を撮りたかったんです。

飛ばれない距離を保ちつつ、ライブビューでピント確認。
なんてことをしているとー、飛んじゃいました。シオヤさん。
でも、様子を観察すると何か変です。
何かを捕まえた模様。


AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II D7000

何と、蛾を食べているではありませんか!
これはシャッターチャンス。
お腹が減っていたのか、もぐもぐと食べ続けます。
複眼の光り具合がとても綺麗です。

DSC_3967.jpg
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II D7000

お食事が終わって休憩している所も撮影。
どういうわけか、三脚の方に飛んできてくれたんです。
人なつっこいトンボですね。

category: トンボ科

tb: 0   cm: 0

シオカラトンボ  


AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED D7000

シオカラトンボのやご。だと思います(笑)
先日脱皮したばかりです。

このやごを捕まえた時、すごく小さかったということもありましたが
目がつんとしていたので、2匹目のオニヤンマかと思ってぬか喜びした記憶があります。
でも、前脚の出方が明らかに違うんですよね。
アカネ系やごと比べても、この前脚は特徴的だと思います。
ちょっとずつ見分けがつくようになってきましたが、まだまだ経験が足りません。
この種類のやごは羽化させたことがないので、その日が楽しみです。

category: トンボ科

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

Nikon D7000

Nikon D5100

SDカード

AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

グラステリア300

やごを観察した人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。